女性

【転職しよう】女医の求人情報の選び方を紹介

女医

女性は助かります

スタッフも患者もすべてが女性という女性専門外来の人気が高まっている今、女医の求人も増えています。特に女性にとってデリケートな内容を扱う美容外科や産婦人科では、女医の需要が高まっています。女医の需要が高い職場では、給与や条件など、勤務するにあたって優遇してもらえることも多いのが特徴です。

カウンセリング

仕事場選び

女医の求人で悩んでいるなら、求人先に求める条件を譲れない条件やできれば期待したい条件など、はっきりとさせておくことで、職場探しがスムーズにいきます。また、近年では女性医師の専門求人サイトもできているので、利用してみるのがおすすめです。

女医

女性医師の転職

医師の中でも女医の場合、男性医師より結婚、出産、介護など、人生のイベントが多いため、女医に特化した転職支援サービスの利用が人気です。ライフスタイルの変化に合わせて働けるよう、希望条件を提示すると、それに合う求人情報を紹介してもらえます。

産婦人科などに高い需要

カウンセリング

キャリア形成のためには

医師の中でも、女医の割合は年々増加傾向にあります。女医の潜在的ニーズは実はかなり高く、特に産婦人科や小児科では女医を希望する患者が少なくありません。女医のキャリアは、一般女性と同じようにM字カーブをたどるという特徴があります。医師の世界は、一般の会社のように、育児休暇などが整備されていないことが多く、妊娠、出産、育児といったライフステージでキャリアを断念してしまう人も少なくないのです。そのため、育児を経た後は求人サイトを利用してライフスタイルにあわせた復職をするという人が多いです。女医の求人は、比較的非常勤の割合が高いという特徴があります。常勤できる状態の女医が少ないという応募側の都合と、育児や出産により抜けられることへのダメージを防ぎたいという採用側の考えがあわさった結果です。ただ、近年は長く勤務したいというニーズも増えてきているため、常勤の求人も増加しつつあります。科として多いのは、やはり産婦人科や小児科といった科です。皮膚科なども比較的多いです。こうした科は、女性ならでは、母ならではの視点を活かして働くことができるため、応募側からも人気がある求人です。特に患者からのニーズが高い産婦人科や婦人科では多くの求人があります。転職や復職を考えるとき、伝手を用いる人、紹介サイトを用いる人、自力で探す人とそれぞれ探し方が違います。それぞれ一長一短あるので、自分にあう探し方を見つけて利用する必要があります。